重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2021年5月7日

ここから本文です。

beyond2020プログラム「鹿沼市」

「beyond2020プログラム」に認証しました 〔 認証組織:栃木県 〕  

 鹿沼市

000091 春の彫刻屋台まつり(鹿沼秋まつり実行委員会)
  鹿沼秋まつりは、2016年12月に「山・鉾・屋台行事」として全国32の祭りとともにユネスコ無形文化遺産への登 
 録がなされた国指定の重要無形文化財であり、「動く陽明門」とも形容される彫刻屋台を神社へ繰り込み神社例祭を盛り上
 げる。春の彫刻屋台まつりは、JRと自治体等が協力して開催する「本物の出会い栃木」アフターデスティネーションキャン
 ペーンの特別企画として開催。鹿沼秋まつりのダイジェスト版として、ゴールデンウィークの期間に実施します。外国人向
 けに、日本語以外に4か国語のパンフレットを用意するとともに、市街地では外国語対応がなされた公衆無線LANスポット
 の提供や案内サインの整備がなされている。
   2019.5.3(金・祝)

000178 鹿沼秋まつり
 国指定の重要無形文化財であり、「動く陽明門」とも形容される彫刻屋台を神社へ繰り込み神社例祭を盛り上げる。毎年20台を超える屋台が囃子を奉納し神社から繰り出した後、「ぶっつけ」と呼ばれる囃子の競演を行う。2016年12月には「山・鉾・屋台行事」として全国32の祭りとともにユネスコ無形文化遺産への登録が決定された。2018年は、スタンプラリーを開催し、クリアファイルをプレゼントする体験参加型の取組みを実施するなどし、多くの来場者で賑わった。さらに、インスタグラムキャンペーンを実施し、時代の変化に対応した企画を行うなど、毎年進化を重ねている。また、4か国語によるガイドブックの制作や英語版HPの作成など、外国人観光客に向けた取組みを実施している。
   2020.10.10(土)~10.11(日)今宮神社周辺及び鹿沼市街地

000198 2021年東京2020オリンピック聖火リレーに係るミニセレブレーション

 オリンピック聖火リレーのゴール地点で実施するミニセレブレーションにおいて、国指定重要無形民俗文化財であり、ユネスコ無形文化遺産に登録された「鹿沼秋祭り」で使用される彫刻屋台の展示及びお囃子の演奏を行います。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響から、日本の文化財が国外の人目に留まる機会が減少している今、世界的にも注目の集まる聖火リレーを機に、TV中継などの広報媒体やSNS等を通じた新たな魅力の発信により「鹿沼秋祭り」の世界へ向けた情報発信と知名度の向上を目指します。屋外で実施することで障害者にとってのバリアを取り除き、英語版鹿沼秋まつりリーフレットの配布や会場内案内への英語表記及びピクトグラムの表示を行うなどを併せて実施します。

      2021.3.29(月)まちの駅 新鹿沼宿 実績報告(PDF:253KB)

000209 みんなで描こう 夢アート
 8月に国の登録有形文化財である旧粟野中学校校舎の黒板に市民が自由に絵を描く「黒板アート」を開催し、世代や地域の枠を超えた文化芸術活動の交流を行うとともに、新国立競技場でも使用された鹿沼産材で作られた歴史的木造校舎の価値を多言語でアピールすることで、将来のインバウンド獲得につなげていく。また、11月に県内外でアートによるまちづくりを実践している方々をパネリストに招いて「アートがつなぐ地域・人・そして未来(仮題)」と題したシンポジウムを市内で開催し、文化芸術活動によるまちづくりについて学び、将来の「鹿沼芸術村」構想策定につなげる。
   2021.8.1(日)~12.31(金)旧粟野中学校校舎 ほか

 

市町一覧へ

上へ

「beyond2020プログラム」認証事業 〔内閣官房オリパラ事務局のHPから〕

  ◇ 認証状況はこちら(上記事業を除く。)

    http://www.pref.tochigi.lg.jp/c01/bunka/bunka_program/beyond2020program-jigyo2017op.html

 ◇ 文化庁のホームページ(Culture NIPPON)

    https://culture-nippon.go.jp/ja/beyond2020

 

お問い合わせ

県民文化課 文化振興担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館7階

電話番号:028-623-2153

ファックス番号:028-623-2121

Email:beyond2020@pref.tochigi.lg.jp