重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 県政の広報 > 県政トピックス > 3月26日 一般国道400号下塩原バイパスの開通式を開催しました

更新日:2022年3月31日

ここから本文です。

3月26日 一般国道400号下塩原バイパスの開通式を開催しました

成16(2004)年度から18年かけて整備を進めてきた、一般国道400号下塩原バイパス(那須塩原市関谷から塩原間)の供用開始に伴い、3月26日同バイパスの開通式を開催しました。

回開通したのは、留春(りゅうしゅん)大橋、夕の原(ゆうのはら)橋、潜竜峡(せんりゅうきょう)トンネルを含めた全長2.0キロの区間。平成23(2011)年に供用が始まった1.6キロの区間と合わせると、同バイパスの全体延長は3.6キロになります。塩原地区は、道幅が狭くカーブが連続し、累積降雨量が200ミリに達すると通行止めを行う区間があるなどの課題がありましたが、今般の全線開通により解消される見込みです。

典には、福田知事や渡辺美知太郎那須塩原市長をはじめ、本県選出の国会議員や関係者などが出席。イベント・アトラクションとして、関谷小学校児童などの「関谷子供囃子保存会」による太鼓等の演奏や、塩原温泉旅館の女将を中心に結成された「ビート&ゴスペル塩原温泉を盛り上げる有志の会」約140人によるゴスペルが披露されたほか、地元の80代・60代・30代の三代の夫婦による渡り初めが行われるなど、地域住民らも参加して開通を祝いました。

辞に際し知事は、用地提供者や工事に携わった施工業者をはじめ、関係者に感謝の意を表し「バイパス供用により、安全・安心で快適な通行が確保できるとともに、観光をはじめとした地域産業の活性化に寄与するものと期待している」と述べました。


挨拶する福田知事


関谷子供囃子保存会による太鼓等の演奏


テープカット・くす玉開披の様子


三代夫婦渡り初め

 

お問い合わせ

道路整備課 構造物担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2414

ファックス番号:028-623-2417

Email:doro-seibi@pref.tochigi.lg.jp