重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 廃棄物 > 廃棄物対策 > PCB廃棄物情報 > PCB使用安定器掘り起こし調査に御協力ください

更新日:2020年10月12日

ここから本文です。

PCB使用安定器掘り起こし調査に御協力ください

PCB(ポリ塩化ビフェニル)使用安定器に関するアンケート調査について

   昭和52(1977)年3月以前に建築された事業用建物(アパート、マンションを含む。)には、有害物質であるポリ塩化ビフェニル(PCB)が含まれている安定器(電灯のちらつきを安定化させる装置)を使用した照明器具(以下「PCB使用安定器」という。)が設置されている場合があります。 

   PCB使用安定器の処分については、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な推進に関する特別措置法」において、令和5(2023)年3月31日までと定められており、この期間内にPCB使用安定器を処分しなければなりません。

   栃木県では、PCB廃棄物の処理促進に向け、県内(宇都宮市内を除く)のPCB使用安定器を設置又は保管している可能性がある事業用建物の所有者等に対する訪問調査を実施しますので、事業者におかれましては、該当する建物のPCB使用安定器の有無等の確認及びその結果について御回答くださるようお願いいたします。

   なお、本調査は株式会社ゼンリン宇都宮営業所に業務を委託しております。事業者様への訪問に関し、栃木県及び株式会社ゼンリンが金銭を要求することは絶対にありません。※ 対象機器の調査・取り外し、PCB使用安定器の処理に関する費用は、事業者様のご負担となります。

■ 夏用ユニフォーム

夏用前夏用後

■ 冬用ユニフォーム

冬用前冬用後

■ 調査員証

身分証

本調査に関するお問合わせ先

 調査内容や記入方法について、御不明な点がありましたら、以下までお問い合わせください。

  栃木県PCB使用安定器調査窓口
  電話番号 :0120-562-699(平日9時から17時まで)
  ※ フリーダイヤルの開設期間は、令和4(2022)年1月24日(月)まで
  ファクシミリ:048-644-5712(24時間受信)

調査対象者

 県内(宇都宮市を除く)の昭和52(1977)年3月以前に建築された事業用建物の所有者等

 ※ この調査は、法務局の建物登記簿情報から調査対象の建物を抽出し、所有者として登記されている方等宛てに調査票を送付しています。

回答方法

 調査員が訪問した際に、口頭で御回答いただくか、調査票に必要事項を記入の上、令和4(2022)年1月24日(月)までに同封の返信用封筒(切手不要)にて投函又は、ファクシミリ、電話にて御回答ください。

 ※ 御回答がない場合、事務局からハガキ等により御連絡いたしますこと、予めご了承ください。

調査票等データ

 送付した調査票等を紛失した場合は、以下をお使いください。

 調査票(PDF:957KB)

 調査要領(PDF:1,949KB)

 (別紙)調査方法(PDF:2,726KB)

 ※ 調査方法については、調査要領等のほか、以下の動画もご覧ください。

     https://www.youtube.com/embed/y7bUmok4bnM?wmode=transparent

     作成:(公財)産業廃棄物処理事業振興財団

調査にあたっての注意事項

   使用中の照明設備は感電のおそれがありますので、調査はなるべく電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)に相談するなど、安全な方法で実施してください。なお、業者による確認作業については費用が発生する場合がありますので、直接業者へ御確認ください。

   建物の竣工図書、過去に実施した調査の記録等がある場合には、それをもとにPCB使用安定器の有無を判断してください。ただし、PCB使用安定器の調査漏れの可能性もあるため、サンプル調査(対象照明器具の一部を抽出した調査)ではなく、全数調査を実施してください。

   事業者様への訪問に関し、栃木県や委託業者(株式会社ゼンリン)が金銭を要求することは絶対ありません。栃木県や委託業者を装って、費用を請求する怪しい業者の訪問や電話があった場合は、警察署やお近くの交番、資源循環推進課(電話番号028-623-3098)まで御連絡ください。※ 対象機器の調査・取り外し、PCB使用安定器の処理に関する費用は、事業者様のご負担となります。

 PCB使用安定器があった場合の対応について

 PCB使用安定器があった場合は、栃木県への届出JESCOへの登録・処分が必要となります。

  • 栃木県への届出

    下記ページの「保管状況等届出」を作成し、保管事業場のある市町を所管する県の環境森林(管理)事務所に提出願います。

    県HP:各種届出の記載例や届出先、その他PCB廃棄物の保管基準などについて

  • JESCOへの登録・処分

    県内にあるPCB使用安定器は、JESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)が北海道室蘭市に設置する施設で処理します。

    処理には、事前に登録が必要です。詳しくは、下記までお問合せください。

    JESCO登録担当 03-5765-1935

    中間貯蔵・環境安全事業株式会社《処理申込の手続について》(外部サイトへリンク)

 PCB廃棄物等の処理費用軽減制度について

PCB廃棄物の処理費用等に関する支援制度は、以下のとおりです。

  • 中小企業等の軽減制度
       中小企業等の方々が保管するPCB廃棄物の処理費用は、独立行政法人環境再生保全機構が運営するPCB廃棄物処理基金及び国からの国庫補助金による軽減制度の適用対象となります。(中小等:70%軽減、個人:95%軽減)
    適用を受けるには、JESCOに直接、申込みを行う必要がありますので、お問い合わせください。

     JESCO中小企業者等軽減制度窓口 03-5765-1920

     中間貯蔵・環境安全事業株式会社《中小企業者等軽減制度》(外部サイトへリンク)

  • 日本政策金融公庫による融資制度
       PCB廃棄物を自ら処分し、又は処分を委託するために必要な長期運転資金は、日本政策金融公庫における環境・エネルギー対策基金(国民生活事業・中小企業事業)の融資対象となります。詳しくは下記をご覧ください。

     日本政策金融公庫《環境・エネルギー対策資金》(外部サイトへリンク)

  • PCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業
       昭和52(1977)年3月以前に建築された建物のPCB使用照明器具の調査及び使用中のPCB使用照明器具のLED照明器具への交換が補助金の交付対象となります。詳しくは下記をご覧ください。(実施期限:令和4(2022)年1月31日15時まで)

 ※ 事業の活用には、事業着手前に交付申請し、決定を受ける必要があります。

     一般財団法人栃木県環境技術協会《設備の高効率化改修支援事業》(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

資源循環推進課 廃棄物対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3098

ファックス番号:028-623-3113

Email:shigen-junkan@pref.tochigi.lg.jp