重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 産業施策 > 令和5年度 AI等未来技術活用スマートファクトリー化推進事業『成果発表会』について

更新日:2023年11月30日

ここから本文です。

令和5年度 AI等未来技術活用スマートファクトリー化推進事業『成果発表会』について

    県では、スマートファクトリー実証モデル事業補助金により、スマートファクトリーモデルの創出・実証の支援を行った企業の取組成果等について紹介し、県内企業のスマートファクトリー化を促進するため、成果発表会を実施します。

    昨年度の【開催報告】はこちらから

1 日時

    令和6(2024)年1月18日(木曜日)  13時15分~16時00分 

2 場所

    栃木県産業技術センター  多目的ホール(宇都宮市ゆいの杜1-5-20)
    ※ web会議(Zoom)による参加も可能です。

3 内容

  第1部:スマートファクトリー実証モデル事業「成果発表会」

    【講  演】
        題  目:「事例から学ぶ成果が出る中小企業DXの進め方」
           講  師    ウイングアーク1st(株)  データのじかん 主筆    大川  真史  氏
           内  容    デジタル化による付加価値向上等により成果を上げる中小企業が増えています。一方、IT化
                        で成果が出ず失望する企業も増え二極化が加速しています。本セミナーでは、事例を通じて、
                        進め方・組織・人材・経営者の在り方を示し、具体的に何から始めるべきかお話します。

    【成果発表&意見交換会】
        内  容:令和4年度スマートファクトリー実証モデル事業補助金を活用した企業  (4社を予定)が、
                     各社の成果をプレゼンするとともに、セミナー講師と意見交換を実施します。
        モデレーター:ウイングアーク1st(株) データのじかん  主筆    大川 真史 氏
           発表予定企業名(※ 50音順)『交付決定時の事業計画名』
              ○ 神戸化成工業株式会社
                 「生産日報の電子化及びKadouLyzer等とのシステム連携によるスマートファクトリーの構築」
              ○ 株式会社ツルオカ
                 「自動車リサイクルのサーキュラリティ新市場に向けた識別管理基幹システムの導入」
              ○ 株式会社マツモトセイコー
                 「ロボットシステムを用いた20時間の無人連続運転の実現と傷防止による不良率の低減」
              ○ 吉澤石灰工業株式会社
                 「AI画像診断技術を用いたプレヒーター格子劣化度の自動診断」

   第2部:第8回スマートものづくり研究会

    【研究会活動報告ほか】
        内  容:令和5年度に実施した第1回~第7回の研究会活動について報告し、併せて産業技術センターの
                     取組について発表します。

    【研究会参加企業の取組紹介】
        内  容:今年度、研究会に参加された金属加工企業の取組について紹介します。

  とちぎビジネスAIセンター及び栃木県事業紹介

4 参加費

    無料

5 申込方法

      電子申請システム(外部サイトへリンク)にアクセスの上、必要事項を入力して送信してください。
    ※参加代表者宛てに受付完了のメールをお送りします。

      または、以下のリンクから申請書をダウンロードし、必要事項を御記入の上、Emailでお申し込みください。

    募集案内チラシ(PDF:871KB)
    参加申込書(ワード:2,385KB)

6 申込期限

    令和6年(2024)年1月12日(金曜日)

7 申込み・問合せ先

    栃木県産業労働観光部工業振興課ものづくり企業支援室
    TEL:028-623-3192
    E-mail:kougyou@pref.tochigi.lg.jp

お問い合わせ

工業振興課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3192

ファックス番号:028-623-3945

Email:kougyou@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告