重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2018年8月20日

ここから本文です。

管内情報

農業水利施設

  農業用水に関しては、渡良瀬川及びこの支流から取水する頭首工などの基幹的水利施設が多く存在し、歴史的な農業用水路である三栗谷用水などの施設もあります。

  また、渡良瀬川沿岸には大規模な排水機場が設置されており、出水期には機械排水に頼らざるを得ない地域も存在しています。

   ※管内の基幹的農業水利施設(単体施設)は7施設、受益面積10~100ha未満の農業水利施設(単体施設)は53施設あります。

主な施設

  • 界排水機場

   排水能力:21.000m3/s

   ポンプ形式:立軸斜流ポンプ  

 φ1500×4台

 φ700×1台

suiri

  • 吾妻排水機場

   排水能力:6.100m3/s

   ポンプ形式:立軸斜流ポンプ 

 φ1000×2台

 φ700×1台

吾妻排水機場

  • 赤坂堰 

   構造形式:油圧式自動転倒ゲート

 鋼製ローラーゲート

   規格(m):15.00×0.90(3門)

                    4.00×1.50        

 

akasaka

 

 

団体営農業農村整備事業

  管内では、土地改良区が事業主体となり、農地耕作条件改善事業や県単独農業農村整備事業を活用し、農業農村整備事業が行われています。

  令和3年度は管内で6地区で実施されております。

栃木県単独農業農村整備事業
  • 茂木地区(足利市) 水路工 L=94m
  • 富田地区(足利市) 水路工 L=42m
  • 柳原用水地区(足利市) 倒伏装置設置工 一式
  • 越名地区(佐野市) 水路工 L=200m
  • 赤城地区(佐野市) 水路工 L=54m
農地耕作条件改善事業
  • 藤の宮左口地区(足利市) 水路工 L=40m

水田整備状況

   令和2年度末時点で、管内の水田整備率(区画30a以上)は24.8%となっております。

  • 足利市   35.7%
  • 佐野市   19.6%

   県内平均は68.1%となっています。

土地改良区

  安足管内には、6つの改良区(内2つは解散手続き中)があり、農業用水利施設の維持管理事業を中心に行っています。

安足管内の土地改良区

土地改良区とは

  土地改良区は、土地改良事業(田畑や農道の整備・農業用水利施設の維持管理など)を行うことを目的として、土地改良法に基づいて設立された農業者の団体で、公共的な性格を有する団体です。

地籍調査事業

   地籍調査とは、一筆ごとの土地について所在、地番、地目、境界の調査と土地登記簿に記載された所有者に関する確認を行い、併せて境界の測量及び面積の測定を行い、その結果を地図及び簿冊に作成することです。

 令和2年度末時点での進捗率

  • 佐野市               進捗率   0.9%(令和2年度末)
  • 足利市(未着手)進捗率   3.5%(令和2年度末)

 

安足農業振興事務所トップページへ

お問い合わせ

安足農業振興事務所 企画振興部

〒327-8503 佐野市堀米町607 安蘇庁舎

電話番号:0283-23-1455

ファックス番号:0283-23-5693

Email:ansoku-nsj@pref.tochigi.lg.jp