重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 産業・しごと > 建築 > 建築行政 > 建築士・建築士事務所について > 設計等の業務に関する報告書の提出について

更新日:2010年11月30日

ここから本文です。

設計等の業務に関する報告書の提出について

  • 平成19年6月20日に施行された改正建築士法により、 新たに建築士事務所に対して、設計等の業務に関する報告が義務付けられました。
  • 平成19年6月20日以降、最初に始まった事業年度が終了後、3か月以内に県へ提出してください。以降、毎事業年度終了後、3か月以内に提出してください。
  • 提出された業務報告書は、(一社)栃木県建築士事務所協会の窓口で閲覧に供されます。

報告を行う者

建築士事務所の開設者

報告時期

平成19年6月20日以降に始まる事業年度から対象となり、 毎事業年度 経過後3ヶ月以内

 (例)事業年度と 初回 報告時期

  •  開設者が法人 の場合

事業年度(※営業年度)

報告対象 報告期限

平成24年7月~平成25年6月

平成24年度分

平成25年9月末

平成24年10月~平成25年9月

平成24年度分

平成25年12月末

平成25年4月~平成26年3月

平成25年度分

平成26年6月末

各法人の事業年度は、定款に定められている営業年度となります。

  • 開設者が 個人 の場合
 事業年度 報告対象 報告期限

平成25年1月~平成25年12月

平成25年度分

平成26年3月末

個人開設者の事業年度は、1月~12月となります。

報告内容

業務実績、所属建築士名簿、所属建築士の業務の実績、管理建築士による意見の概要

報告様式等

提出部数

2部(正本・副本

提出先

 


 

お問い合わせ

建築課 建築指導班

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2514

ファックス番号:028-623-2489

Email:kenchiku@pref.tochigi.lg.jp