重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 農業災害対策 > 「園芸産地における事業継続対策」を活用し、産地ぐるみで災害対策を強化しませんか

更新日:2022年7月15日

ここから本文です。

「園芸産地における事業継続対策」を活用し、産地ぐるみで災害対策を強化しませんか

 近年、台風や地震などの自然災害により、通常の農業生産が困難となる事態が多発しています。このため、あらかじめ産地や地域の関係者で、緊急事態に備えた連携体制を整備しておくことが重要です。

【対策の進め方】

1 BCP(事業継続計画)を策定しましょう!

 BCP(事業継続計画:Business Continuity Planning)とは、災害等の緊急事態が発生した際に被害を最小限に抑え、早期復旧を図るための行動計画です。

 産地で話し合い、災害時に起こりうるリスクを把握し、対応策を検討します。

2 BCPを実践しましょう!

 策定したBCPを実践するため、必要な取組を行います。ハウス補強

  • ハウス自力施工のための技能習得(講習会の実施)
  • 災害に備えたハウスの補強、防風ネットの設置
  • 停電時の被害防止に必要な非常用電源の導入  など 

産地におけるBCPの策定や実践のための取組を支援する補助事業があります。

詳しくは、芳賀農業振興事務所までご相談下さい。

お問い合わせ

芳賀農業振興事務所 企画振興部

〒321-4305 真岡市荒町116-1 芳賀庁舎

電話番号:0285-82-4720

ファックス番号:0285-83-6245

Email:haga-nsj@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告