重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 塩谷南那須農業振興事務所 > 農畜産情報 > モ~っとここにいたいな!すくすく成長した放牧牛、公共牧場から里帰り!

更新日:2020年11月30日

ここから本文です。

モ~っとここにいたいな!すくすく成長した放牧牛、公共牧場から里帰り!

  管内の3か所の公共牧場(八方ヶ原放牧場(矢板市)、土上平放牧場(塩谷町)、豊月平放牧場(塩谷町))では、初夏の5月から晩秋の11月にかけて、地元の農家から預けられた牛が放牧されています。放牧は、農家の作業負担軽減のほか、牛のストレスを少なくするだけでなく、足腰が鍛えられ丈夫な牛が育成できます。

 冬の到来が間近となった10月8日の八方ヶ原放牧場を皮切りに、放牧牛を農家の元へ戻す収牧作業が行われました。居心地のよい放牧場からはなれるのを嫌がる牛をトラックに載せる作業も一苦労です。収牧作業は、11月20日の豊月平放牧場を最後に無事に完了しました。

 今年は、3か所の公共牧場でホルスタイン種の育成牛や黒毛和種の妊娠牛など併せて250頭ほど放牧されており、いずれの牛も立派に成長し、元気な姿で里帰りしました。

 それぞれの牛舎で健康な子牛を産んでくれることを期待します。

収牧1

牛を追って集めていきます

(豊月平放牧場)

収牧2

トラックに載せ、これから里帰り

(豊月平放牧場)

お問い合わせ

塩谷南那須農業振興事務所 経営普及部 農畜産課 畜産担当

〒329-2163 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎

電話番号:0287-43-2318

ファックス番号:0287-43-4072

Email:shioya_minaminasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp