重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2022年5月30日

ここから本文です。

世界に誇(ほこ)れるとちぎ

  栃木県には、世界に誇れる世界の“とちぎもの”がたくさんあります。

世界遺産(いさん)「日光の社寺(しゃじ)

日光の二社一寺(にしゃいちじ)(日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)、日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)、日光山輪王寺(にっこうざんりんのうじ))は、その歴史(れきし)や芸術的価値(げいじゅつてきかち)が国際的(こくさいてき)に認(みと)められ、1999年、世界遺産に登録(とうろく)されました。

日光東照宮 陽明門(ようめいもん)

世界遺産って?

国連(こくれん)の機関(きかん)であるユネスコの総会(そうかい)で、世界の文化遺産(ぶんかいさん)や自然遺産(しぜんいさん)を保護(ほご)するきまり(世界遺産条約(せかいいさんじょうやく))が作られ、そのきまりに基(もと)づき登録(とうろく)された遺産(いさん)です。

 

ユネスコ無形文化遺産(むけいぶんかいさん)

結城紬(ゆうきつむぎ)

高級な絹(きぬ)の織物(おりもの)である結城紬は、その技術(ぎじゅつ)と文化が国際的に認められ、2010年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

結城紬

山・鉾・屋台行事(やま・ほこ・やたいぎょうじ)

栃木県の「烏山(からすやま)の山あげ行事」と「鹿沼今宮神社祭(かぬまいまみやじんじゃさい)の屋台行事」を含む全国33の「山・鉾・屋台行事」は、地域(ちいき)の人々(ひとびと)が一体となって長年守り伝(つた)えてきたことなどが国際的に認められて、2016年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

烏山のやまあげ行事

烏山の山あげ行事

鹿沼今宮神社祭の屋台行事

鹿沼今宮神社祭の屋台行事

伝統建築工匠の技(でんとうけんちくこうしょうのわざ):木造建造物(もくぞうけんぞうぶつ)を受け継(つ)ぐための伝統技術(でんとうぎじゅつ)

栃木県の「建造物彩色(けんぞうぶつさいしき)」と「建造物漆塗(けんぞうぶつうるしぬり)」を含む全国17の伝統建築工匠の技は、伝統を受け継ぎながら、工夫(くふう)を重ねて発展(はってん)してきたことなどが国際的に認められて、2020年、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。

建造物彩色

建造物彩色

建造物漆塗

建造物漆塗

ユネスコ無形文化遺産って?

国連の機関であるユネスコの総会で、伝統工芸技術(でんとうこうげいぎじゅつ)などを保護するきまり(無形文化遺産保護条約)が作られ、そのきまりに基づき登録された遺産です。

ラムサール条約湿地(しっち)

奥日光(おくにっこう)の湿原(しつげん)

日光の湯ノ湖(ゆのこ)、湯川(ゆかわ)、戦場ヶ原(せんじょうがはら)、小田代原(おだしろがはら)のうち260.41ヘクタールの区域(くいき)が、2005年、ラムサール条約湿地に登録されました。

小田代原

渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)

栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県にまたがる渡良瀬遊水地のうち2,861ヘクタールが、2012年、ラムサール条約湿地に登録されました。

渡良瀬遊水地
(国土交通省利根川上流河川事務所提供)

ラムサール条約湿地って?

イランのラムサールで、水鳥が生活する湿地やそこに生活する動植物を守るためのきまり(ラムサール条約)がつくられ、そのきまりに基づき登録された湿地です。

ギネスブックにものっている「日光杉並木街道(にっこうすぎなみきかいどう)

日光杉並木街道

約12,100本からなる杉並木は、長さが37キロメートルにわたり、世界一長い並木道(なみきみち)です。