重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2011年2月21日

ここから本文です。

深山発電所

深山発電所は、那珂川の流水を利用した水路式発電所であり、昭和57年10月に建設が始まり昭和59年4月から発電を開始しています。

深山ダムの上流に取水堰を設け、最大で毎秒2.00立方メートルの水を取り入れ、導水路、上水槽、水圧管を経て発電機を運転、最大2,300kWの発電を行います。

発電に使用した水は、放水口から深山ダムに放流しています。
深山発電所の概略図

 


深山取水堰の写真深山取水堰

那珂川の水を取り入れるため、川をせき止め取水を行う施設です。


 

深山発電所水圧鉄管の写真水圧管

那珂川から取り入れた水は高低差約147mを利用して発電を行うため、この管の中を流れて発電所へ行きます。


 

深山発電所建屋の写真深山発電所

深山発電所の全景です。

水車は、横軸単輪二射ペルトン型で、最大出力は2,300kWです。

 

 

栃木県営発電所施設案内に戻る

お問い合わせ

電気課

〒320-0031 栃木県宇都宮市戸祭元町1-25 県庁舎北別館1階

電話番号:028-623-3833

ファックス番号:028-623-3826

Email:kigyo-denki@pref.tochigi.lg.jp